Loveletters ひとり善がり

cuisson cafe にて

お腹がすいてたまらない
薪で焼いたカイノミが口の中に広がった。今夜は決まりだ。
cafeに電話した。応答なし
あー混んでるんだ。入れるかなーと片道9キロ位の帰路を食欲と不安をめぐらせながら自転車を走らせた。


b0142251_09110743.jpg


カイノミに添えてあったソースは絶妙に羊の薫りを醸し出し、サラダの盛り合わせのポテトの食感に舌づつみ、レンズ豆は何故だか懐かしい味がした

以前、親分がこういうことで怒ってね、と喧嘩の理由をシェフに話したら、それはワタシがあかんやんと即答。私の配慮が足りなかったのかと翌日、親分に謝った。
ここでは奥さんのあっちゃんにも何でも話せてしまう。
昨夜も時計をみたら4時間も居座ってしまった

いつもありがとー


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

[PR]
by vinho | 2017-05-19 09:03 | foods & osake | Comments(0)