Loveletters ひとり善がり

大事なこと 大切な時間

b0142251_9463174.jpg


先日、相方は知人のお通夜に参列したので店を臨時休業
休みが同じで行くことはなかったであろう月見寿司に出かけた


今の季節、シンコが何とも言えない
こはだの幼魚
小さな光物を捌くのどれほど手間がかかっていることか
小さな握りに3-5枚ほどのシンコが乗りそれを一口で口の中におさめる
こはだの独特の風味はないがまろやかな味が喉を瞬く間に通り過ぎてしまう
相方は数貫頼んだ
値段は定かではない
職人さんの手間暇かけたお仕事に相方の無言のままの満足な顔がとても幸せそうでウレシカッタ

それから、あなごを鱧のように湯引いたもの
梅をちょっとのせたさっぱりした鱧も夏の風物詩として最高だけど脂ののった穴子のこれもおつなものだった

お通夜の席で、一つドラマがあったらしい
でもそれはとてもうれしい出来事だったとのこと
亡くなった方がきっと導いてくれたんだと


今朝、そして今もまた斉藤和義の 「引っ越し」 を聴いている
とても大事なキスをして
というフレーズがとても大切なことを思い出させてくれるような気がしてあたたかく気が引き締まる
[PR]
by vinho | 2013-07-13 21:15 | 幸せな時間 | Comments(0)