Loveletters ひとり善がり

秋めいて

どこからか迷い込んだ秋の虫の声がいつからか聴こえ始めた
夏と別れるのはまだ名残惜しい

平日は殆どが仕事の出来事
面白いことも沢山あるけど個人情報的な内容になってしまうので、結局相方との時間のことになってしまう

刈谷ハイウェイオアシスに野菜と魚を買いに
きっとこれだなと思いながら、相方に何を買っていくか電話する
この時点で、相方が料理してくれることと勝手に解釈

b0142251_2348213.jpg



10センチほどのきれいな目の真イワシは30匹ほどで380円

相方が作りたかったのは、真イワシのオイルマリネ
日曜日の朝、下拵えした後、喧嘩しながら相変わらず二人で相方のための床屋に向かう
ヒートアップして 「降りたら」 と言いそうになったけどどうにか到着
床屋のおばちゃんに喧嘩の愚痴を聞いてもらって一件落着と思いつつもの帰り道。
「イワシのマリネなら 白ワインとバケットが欲しいわね」
まだ少し不機嫌な相方は車で待つというので一人で買い物
バケットは MAISON KAYSER のが好きで立ち寄る
白ワインを買うついでに ご機嫌伺いでアメリカの瓶ビールを買ってやった

帰宅早々、ビールの栓を抜いて手渡す。目新しいビールに想像通りの彼の反応
ワインもあけ相手もテンション上がってきた

ところでその日の朝食
つばすは美味しくはないと思っていたけど、100円だったのでお試しのつもりで買って煮魚にしたら
相方から旨く出来てると褒められた
動いていた蝦蛄は茹で時間が下手で水っぽくなって却下された
まだ小さいイカを細く切って刺身で出したらまだ可哀想などと殊勝なことを言う
しじみの味噌汁はしっかり出汁がでて美味かった

テーブルに座っていい気持になったワタシの仕事は終わり
相方が残りのイワシで天ぷら・イワシの骨でから揚げ・トマトとジャガイモの素揚げを作ってくれて無事、秋めいた日曜日の夕餉が始まった
魚三昧の日曜日であった

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
[PR]
by vinho | 2014-09-03 23:28 | foods & osake | Comments(0)